神戸アドベンチスト病院 ロゴ

診療科目 生殖医療科

不妊治療をお考えの方へ…

不妊症というと人に知られたくない特別な病気といった印象がありますが、日本全国で約10%のご夫婦が不妊症で悩んでおられ、数少ない特別な病気というものではありません。

現在では年間約2万人が体外受精・顕微授精といった高度不妊治療で妊娠されています。また、世界保健機構の報告でも世界的に不妊症は今後増加することが心配されています。ここ数年の報告では、男性の精子が減少してきていることが不妊症の増加と関係しているようです。

不妊症の検査、治療と聞くと保険がきかず高額だと思われるかもしれませんが、現実には検査、治療の約90%は保険診療でそれほど費用はかかりません。保険外診療としては、人工授精、体外受精、顕微授精などがありますが、ほとんどのご夫婦はこのような治療を受けることなく妊娠されます。そして、不妊診療において検査、治療の選択権はご夫婦にあります。検査、治療に際しては十分にご説明してから施行するようにしておりますし、受けたくない検査、治療がありましたらお申し出いただければ、他の方法で代用できないか考慮して、ご説明させていただいております。

近年の医療技術の向上により、不妊症は様々な要因によって起こることが明らかになってきました。それにともなって不妊治療もめざましく進歩しています。神戸アドベンチスト病院の生殖医療科は、不妊症や不育症(習慣性流産)の原因を一つひとつ入念に調べ、悪いところを直しながら妊娠・出産を実現するためのサポートをさせて頂くところです。不妊症・不育症でお悩みの方、治療をお考えの方は、お気軽にご相談下さい。

不妊の原因は?

不妊症の原因はさまざまですが、男性側と女性側の割合は約50%ずつです。以前は女性側に原因があることが多いと言われていたのですが、近年、男性側に原因がある不妊夫婦が増えています。

女性側の原因

  • 排卵障害(成熟卵を安定して排卵できない)
  • 卵管通過障害(両方の卵管がつまっている)
  • 着床障害(卵子がうまく子宮に着床できない)
  • 頚管粘液分泌障害(精子を子宮にむかえ入れる粘液が子宮入口からうまくでない)
  • 子宮奇形 子宮内膜症・子宮筋腫など
  • 上記以外にも、頻度は少ないのですが、体液中にご主人の精子の動きを止めてしまう物質(抗精子抗体)を持っている女性(免疫性不妊と言います)もいます。

下の表は特に不妊ではないご夫婦が結婚後どの位の期間で妊娠するかについて示したものです。年齢とともに妊娠までにかかる月数が増えているのがわかります。近年、晩婚化が進み不妊症となるご夫婦が増えています。 少しでも気になることがあるようなら、ためらわず早期に婦人科を訪れ相談することが大切です。

女性の年齢 1ヶ月あたりの妊娠率 妊娠するまでにかかる月数 1年以内に妊娠する確立
20代前半 25% 4ヵ月 97%
20代後半 15~20% 5ヵ月~6ヵ月 86~93%
30代前半 10% 10ヵ月 72%
30代後半 8.3% 12ヶ月 65%

また、子宮内膜症や手術などによる癒着も卵管通過障害の原因になります。月経不順や月経時の痛みが強い場合、以前に婦人科の手術(子宮筋腫や卵巣嚢腫など)を受けたことがある場合は早めに相談された方が良いでしょう。

どんなことに気をつければいいのでしょうか?

  • 疲労はためず、体の冷えに気をつけましょう。
  • 食生活の見直しも大切です。
  • 強いストレスは避け、リラックスした生活を送ることを心がけましょう。
  • タバコはやめ、 アルコールの多飲を控えましょう。
  • 体を温める食べ物を摂りましょう。(ねぎ、ごぼう、自然薯、さんしょう、しょうが、もち米、にら、大豆、らっきょう、干し柿など)その他、栄養素にビタミンE、βカロチン、ミネラル(カルシウム、亜鉛、鉄)を摂取するとともに、乳製品や緑黄色野菜、大豆製品をバランスよく摂取することが大切です。
  • コレステロールの高い食品や、加工食品、添加物の多い食品を避け、塩分や水分も摂り過ぎないように心がけましょう。
  • 適度な運動は血流を促進し、ストレスの発散にもなるので進んで取り入れましょう。
  • こんなのもあります。…体を温める効果が期待される漢方薬(※服用は必ず医師と相談して下さい〉
    • 胃腸虚弱の方・・・『当帰建中湯』
    • 下半身冷えのある方・・・『温経湯』
    • 低血圧の方・・・『当帰芍薬散』

男性側の原因

  • 精子の少ない「乏精子症」、精子の動きが悪い「精子無力症」の方がほとんどです。このような精子は、卵子と受精しにくいのです。またこの他に性交時にうまく射精できない「射精障害」もあります。
  • 男性不妊の50%は原因不明です。原因として多いのは、精巣への血流が悪くなる「精索静脈瘤」、や精子の通り道がつまっていたり、細くなっているために精子が流れにくくなる「閉塞性無精子症」があります。
  • WHO(世界保健機構)の報告によれば、近年世界的に男性は、精子の状態が悪化しており、精子の数が10年前の約半分になっていると言われています。バランスの悪い食生活やストレスの多い現代の社会生活がその一因と考えられていますが、その原因はまだはっきりと分かってはいません。
  • また最近、精子を減少させる環境汚染物質、内分泌かく乱化学物質(環境ホルモン)が注目されており、男性の生殖機能に影響をおよぼす可能性があると言われています。
  • 食事の面ではビタミンBやビタミンE(納豆、大豆、ごま)の多い食事がいいと言われています。もちろん、他の食材もバランスよく摂取することが大切です。また過度なアルコール摂取やたばこも悪影響をおよぼす可能性がありますので控えるようにしましょう。

不妊の検査

当科での特徴的な検査として、最先端のCCDを用いた子宮鏡検査があります。この検査は着床障害に対する有効な検査で、ほとんど痛みもなく数分で終了し、結果説明後にお帰りいただけます。

一般的な検査

  • 基礎体温測定 …排卵しているかどうかを調べます。
  • ホルモン検査 …女性ホルモンの分泌を調べます。
  • 子宮内膜検査 …着床の準備ができているかどうかを調べます。
  • 卵管疎通性検査 …卵管が通っているかどうかを調べます。
  • 頸管粘液検査 …精子の通過に必要な粘液の有無を調べます。
  • フーナーテスト …精子が頸管を通って子宮内に入っていけるかを調べます。
  • 精液検査 …精子に異常がないかどうかを調べます。

特種な検査

  • 抗精子抗体測定 …精子の動きを止める抗体を持っているかを調べます。
  • 子宮鏡検査 …子宮内の状態を調べます。
  • 腹腔鏡検査 …子宮・卵管・卵巣の状態を見ます。
  • 精子特殊検査 …精子活動性などを調べます。

不妊の治療方法

  • 人工授精(特殊人工授精)
  • 体外受精、胚移植
  • 顕微授精
  • 受精卵、精子の凍結保存
  • 精巣精子を用いた顕微授精
  • 腹腔鏡下手術
  • 子宮鏡下手術

体外受精

体外受精・顕微授精は経験豊富な専門の胚培養士が担当いたします。培養装置はご夫婦に1台専属で使用することにより安定した受精、胚発育が望めるようにしております。また、精子、胚の凍結保存や無精子症の場合の精巣精子採取術も施行しております。体外受精による妊娠の確率は、不妊の原因によっても異なりますが、一般的に約20~30パーセントに妊娠が成立すると言われています。その後、分娩に至るケースはそのうちの70~80パーセントです。

顕微授精

特殊な顕微鏡下で、卵や精子に人工的操作を加えて受精を助ける方法です。主として、先の細いガラス管ピペット内に1精子を吸引し、採取した卵細胞質内に注入する卵細胞質内精子注入法(ICSI)が用いられます。この方法は、精子に受精障害の原因があるなど、体外受精では受精しないケースに用いられます。

当院の不妊治療成績

2005年1月に生殖医療科が開設されてから※2016年12月までにタイミング法や人工授精などの不妊治療で1796名の方が妊娠されました。(この内、体外受精で妊娠された方は873名でした。)

体外受精によって生まれた新生児

日本では、すでに体外受精によって生まれた新生児が18万人以上います。一般的に見て、異常が生じた率は、自然妊娠に比べてわずかに高い程度です。これは、おそらく体外受精では高齢出産のケースが多いことが考えらます。ただしこれは自然妊娠にも言えることですので、実際には自然妊娠と体外受精による妊娠では、胎児への影響に関してほとんど変わらないと考えてよいでしょう。



安全管理

生殖医療に係る安全管理のための指針

神戸アドベンチスト病院では質の高い安全な生殖医療のため、以下の安全管理指針に沿った医療を行っています。

  1. 当院は日本産科婦人科学会の生殖補助医療実施登録施設であり、施設、設備、要員に関する基準を満たしています
    • 体外での配偶子・受精卵の操作にあたっては、安全確保の観点から必ずダブルチェックを行っています。
    • 実施責任医師は、日本生殖医学会認定生殖医療専門医です。
    • 胚培養士(3名)、生殖医療コーディネーター(1名)、生殖医療カウンセラー(2名)が勤務しています。
  2. 当院は日本産科婦人科学会の生殖補助医療実施登録施設であり、施設、設備、要員に関する基準を満たしています
  3. 各症例の診療に関連する記録・情報などを保存・管理しています。
    • 妊娠し生児を得た症例の不妊治療に関する記録は、特別な事情がない限り20年以上保存していきます。
  4. 安全に支障をきたした際には最善の対策をとるとともに、情報を共有し今後の再発を防ぐために問題を正確に日本産科婦人科学会へ報告します。
  5. 倫理委員会と安全管理委員会を設置しています。
  6. 生殖医療に関する安全管理のために、作業安全管理マニュアルを策定し、定期的に職員の研修を実施しています。
  7. 本指針の改正について
    • 医療安全推進のため、継続した改善に取り組みます。

【附則】この指針は、2014 年1 月1 日から施行しています。


費用について (特定不妊治療費助成事業)

不妊治療の中で、人工授精・体外受精・顕微授精は自費診療となります。そのため、治療を受けられる方には大きな経済的負担がかかっているのが現状です。

当院は特定不妊治療費助成事業の指定医療機関です。条件付で体外受精、顕微授精に要する費用の一部が助成される場合があります。詳細はお住いの都道府県(政令指定都市又は中核市)までご相談ください。(人工授精には補助が出ない自治体もあります)

自費診療一覧

2017年1月1日現在

  • 人工授精 … 15,000円(+税)
  • 人工授精(凍結精子使用) … 18,000円(+税)
  • 体外受精・顕微授精(採卵前の薬剤料は含みません。)
  1. 体外受精・胚移植(胚培養3日目まで) … 300,000円(+税)
  2. 体外受精・胚移植(胚培養4日目以上) … 330,000円(+税)
  3. 顕微授精・胚移植(胚培養3日目まで) … 370,000円(+税)
  4. 顕微授精・胚移植(胚培養4日目以上) … 400,000円(+税)
  5. アシステッドハッチング … 25,000(+税) 加算
  6. 凍結胚移植 … 100,000円(+税)

特定不妊治療費助成事業についてのご案内

無料 体外受精(IVF)セミナー

「体外受精(IVF)セミナー」

体外受精の治療のスケジュールや卵子の質、妊娠率などについて詳しくお話しいたします。当院で体外受精を初めて受けられる方は必ずご出席ください。(他院通院中の方もお気軽にご参加ください)

日 時 毎月 第1第3 日曜日 午後2:30~4:30頃
場 所 当院2階会議室にて
担 当 半田 雅文 医師(生殖医療科部長)
費 用 無 料
予約方法 当院1F受付にて、予約票にご記入の上ご提出ください。
ご不明な点がありましたら当院代表078-981-0161までお問合せ頂くか、生殖医療科スタッフへお尋ねください。

有料 個別体外受精(IVF)セミナー

専門資格を持った体外受精コーディネーターが、通常診療とは別にゆっくりと時間をとって
体外受精のスケジュールや妊娠率について詳しくお話いたします。お気軽にご相談下さい。

日 時 約60分のセミナーです。

下記「予約方法」にて予約をおとりください。
ご不明な場合は下記お電話にてお問合せください。
場 所 神戸アドベンチスト病院産婦人科外来相談室
担 当 永井 ゆかり(胚培養室室長)
費 用 1000円(税込)
予約方法 電話予約 神戸アドベンチスト病院 078-981-0161(代表電話)
不妊外来当日相談枠が空いていれば予約なしでもお受けいただけます。


'17年10月の体外受精コーディネーター相談実施日
8日 午後
10日 午前
10日 午後
19日 午前
29日 午後
31日 午前

カウンセラー相談(無料)

おひとりで悩んでおられませんか?

以上のようなご相談をご希望の方へ不妊カウンセラーが詳しくお話を伺います。
(不妊カウンセラー:日本不妊カウンセリング学会が認定する不妊専門の相談スタッフ)

お電話にてご予約ください。078-981-0161(代)


'17年9月のカウンセラー相談実施日
29日 午前

'17年10月のカウンセラー相談実施日
6日 午前
17日 午後
24日 午後

プレマタニティビクス(妊娠を望む女性のための体質改善体操)

担当医師プロフィール

半田 雅文 / Masafumi Handa

半田医師
出身大学
  • 1986年(昭和61年)兵庫医科大学卒業
所属学会
  • 日本産科婦人科学会
  • 日本生殖医学会
  • 日本受精着床学会
  • 日本人類遺伝学会
  • 日本東洋医学会
専門医等
  • 日本産科婦人科学会認定産科婦人科専門医
患者様へ
  • 不妊治療は妊娠することがゴールではなく、元気な赤ちゃんをお母さん、お父さんに抱いていただくことがゴールだと考えております。アドベンチスト病院の生殖医療科は産婦人科はもちろんのこと、内科、外科など 他科の医師とも情報を共有し、密な連携が可能です。 そのため、基礎疾患などを持った患者様や流産の経験、妊娠中の経過に不安のある患者様にも安心して不妊治療・不育治療を受けて頂けると思います。 約20年間、生殖医療に関わってきた経験を生かして、お子さんを望む皆様の想いにお応えできますよう努力して参ります。

カロンゴス ジャンニーナ / Giannina Calongos

野坂医師
出身大学
  • 2003年(平成15年)ペルー リマ市 サン・マルティン・デ・ポレス大学医学部卒業
  • 2009年(平成21年)兵庫医科大学 産婦人科 大学院卒業
専門分野
  • 産科婦人科一般
所属学会
  • 日本産科婦人科学会
  • 日本産科婦人科医会
  • 兵庫県産婦人科学会
  • 近畿産婦人科学会
  • 日本生殖医学会
専門医等
  • 医学博士
患者様へ
  • 2004年に大学院生になる目的で文部科学省奨学金を受けて、日本に来ました。博士号を取得後、2011年に日本の医師国家試験を受けて産婦人科医となりました。これまで兵庫医大、明和病院で勤務しておりました。出来る限り一生日本で産婦人科医として仕事をしたいと思っています。日本人の患者様はもちろん、外国の患者様に対しても最も良い治療に専念したいです。どうぞよろしくお願いいたします。

繁田 実 / Minoru Shigeta  ※府中のぞみクリニック所長

繁田医師
出身大学
  • 1976年(昭和51年)徳島大学卒業
所属学会
  • 日本産科婦人科学会
  • 日本生殖免疫学会
  • 日本生殖医学会
  • 日本受精着床学会
  • 日本卵子学会
  • アメリカ生殖医学会(ASRM)
  • 日本生殖看護学会
専門医等
  • 日本産科婦人科学会認定産科婦人科専門医
  • 日本生殖医学会認定生殖医療専門医
  • 医学博士
患者様へ
  • 40年の不妊・不育診療の経験を生かして、全人的医療を実践します。

胚培養士 プロフィール

永井 ゆかり / Yukari Nagai

出身大学
  • 大阪薬科大学薬学部
資格等
  • 第1回日本卵子学会認定胚培養士
  • 日本不妊カウンセリング学会認定体外受精コーディネーター
  • 薬剤師
患者様へ
  • 最善の治療を受けていただけるよう、患者様お一人お一人に心を込めて寄り添うよう努めていきます。

持田 菜穂子 / Nahoko Mochida

出身大学
  • 東北大学農学部
  • 群馬大学大学院医学系研究科修士課程 修了
  • 兵庫医科大学産婦人科にて学位取得(医学博士)
資格等
  • 第3回日本卵子学会認定胚培養士
  • 日本臨床エンブリオロジスト学会認定エンブリオロジスト
患者様へ
  • 皆さまに良い結果をご報告できるように、日々、卵子・精子と真摯に向き合っていきます。

永井 紗弥香 / Sayaka Nagai

出身大学
  • 神戸常磐短期大学衛生技術科
資格等
  • 第7回日本卵子学会認定胚培養士
  • 臨床検査技師
患者様へ
  • 少しでも多くの患者様のお力になれるよう愛情をもって仕事に取り組んでいきたいと思います。

担当医師 スケジュール