神戸アドベンチスト病院 ロゴ

診療科目 循環器内科

診療内容

  • 正確な診断と最新の治療で地域の救急医療に貢献します。
  • カテーテル治療は日本第一線級の医師が担当します。
  • 治療前後のわかりやすい説明に心がけています。
  • 絶えずスタッフのレベル向上に努めています。

取り扱っている主な疾患・治療

  • 狭心症
  • 心筋梗塞
  • 不整脈
  • 心房細動
  • 心不全
  • 心臓カテーテル
  • ステント留置術
  • カテーテルアブレーション(心筋焼灼術)
  • 下肢血管カテーテル治療(閉塞性動脈硬化症、静脈血栓)
  • 冠動脈CT
  • 心臓ペースメーカ植え込み
  • 睡眠時無呼吸症候群

※動悸、息切れなどの胸の症状や、動脈硬化が心配な方はお気軽に受診ください。

医療連携および医療技術支援

  • 小倉記念病院(心臓カテーテル、下肢治療)
  • 神戸労災病院(心臓外科)
  • 神戸市立医療センター中央市民病院(循環器教育施設)

「不整脈が原因で脳梗塞を発症」 2017年2月6日 更新

 脳卒中は日本において、がん、心臓病、肺炎に次いで死亡原因の第4位、介護が必要となる原因の第1位です。

 脳卒中は血管が破れる脳出血と血管が詰まる脳梗塞に大別され、患者の4分の3が脳梗塞です。

 脳梗塞には、動脈硬化によって起こるものと、心臓の病気が原因で起こるものがあります。脳梗塞の3分の1が心臓の病気が原因で起こる脳梗塞で、心原性脳梗塞といい、その多くは心房細動という不整脈の一種によって起こります。

 心房細動とは、心臓の心房と呼ばれる部屋がけいれんするように小刻みに震え、規則正しく収縮と拡張が出来なくなった状態を言います。心房がけいれんすることにより、血液の流れが遅くなり、よどんで滞るため血の塊(血栓)が出来やすくなります。心臓内で大きくなった血栓がはがれて血流にのって、脳の太い血管を詰まらせ脳梗塞をおこします。

 心原性脳梗塞は脳の損傷の範囲が大きく死亡率は約20%、寝たきりなど介護が必要の状態になる率は40~50%と高く、プロ野球の長嶋茂雄元巨人軍監督やサッカー日本代表のイビチャ・オシム元監督がなったことでも知られています。

 心房細動の患者数は高齢化や生活習慣の欧米化に伴い増加傾向にあり、日本では約80万人、80歳以上では潜在患者も含めると10%を超えると推計されます。心房細動は加齢に伴い発症しやすく、日常生活のストレス、疲労、寝不足、飲酒、喫煙、肥満、高血圧、糖尿病、心不全、心筋梗塞、心臓弁膜症、甲状腺機能亢進症、慢性腎臓病、睡眠時無呼吸症候群などが誘発要因となります。

 心房細動がある人は心房細動のない人に比べると、脳梗塞を発症する確率は約5倍高いと言われています。 心原性脳梗塞は、予兆がなく突然発症するため防ぐことが困難な病気です。

 予防のためには主な原因である心房細動への対処が重要です。 心房細動は心臓が規則正しく拍動できなくなった状態のため、どきどきする、息切れ、倦怠感、めまいなどの自覚症状があらわれることがありますが、約半数の人には自覚症状がありません。健康診断の心電図などで初めて見つかるケースや突然、脳梗塞を起こしその時に初めて見つかるケースもあります。心房細動に気が付きさえすれば脳梗塞はある程度予防は可能です。

 そのためには、定期健診も必要ですが、毎日の検脈がとても重要です。心房細動が起きている時に脈を触れると、強弱があったり、不規則であったりします。脈が弱くて分かりにくい事もありますので、普段から脈に触れて正常な脈を知っておくようにしましょう。

 65歳以上、高血圧、糖尿病、心不全、脳梗塞の既往がある人は特に注意が必要です。

 治療には血液を固まりにくくする抗凝固薬の内服が必要ですが、最近では脳出血の副作用が少なく、食事制限が不要など使いやすい新薬も登場しています。

 心房細動自体を抑える治療としては、抗不整脈薬の内服や心房細動の原因となっている部分を心臓内部からカテーテルという細長い医療器具の先端を当てて焼き切る、カテーテルアブレーションという方法もあります。

 心房細動が原因で発症する心原性脳梗塞の予防は、心房細動の早期発見、早期治療です。生活習慣病の改善とともに、日ごろから検脈をしてみて脈の乱れを認めた場合は、循環器内科での受診をお奨めします。

 当院では、心房細動患者さん一人一人丁寧に診察し、適応があれば根治療法であるカテーテルアブレーションを積極的に行っています。

循環器内科副部長 垣下 幹夫

手術・検査実績

手 術 2014年 2015年 2016年
カテーテル手技(CAG) 120件 121件 99件
経皮的冠動脈形成術、
経皮的冠動脈ステント留置術(PCI)
55件 51件 49件
カテーテルアブレーション(ABL) 25件 26件 26件
下肢血管形成術(EVT) 7件 21件 12件
ペースメーカー移植術及び、
ペースメーカー交換術
18件 10件 18件

生 理 検 査 2014年 2015年 2016年
EKG(心電図) 5,173 件 5,271 件 5,758 件
トレッドミル 141 件 148 件 153 件
ホルター心電図 180 件 202 件 218 件
ABI 387 件 421 件 555 件
心臓エコー 829 件 867 件 1,062件
血管エコー(頸動脈を含む) 329 件 352 件 426件
PSG(睡眠時無呼吸症候群検査) 96 件 105 件 79 件

疾患と治療

担当医師 プロフィール

森 経春 / Tsuneharu Mori(院長)

森医師
出身大学
  • 1985年(昭和60年)広島大学卒業
職  歴
  • 金沢大学医学部付属病院(研修医)
  • 富山県立中央病院(研修医)
  • 心臓血管研究所付属病院(レジデント)
  • Harbor UCLA Medical Center (研究員)
  • 小倉記念病院(修練医)
  • 神戸アドベンチスト病院(現職)
専門分野
  • 循環器
  • 冠動脈治療
  • 不整脈
  • 下肢血管治療
  • 睡眠時無呼吸症候群
所属学会
  • 日本内科学会
  • 日本循環器病学会
  • 日本不整脈学会
  • 日本心血管インターベンション治療学会(CVIT)
  • 日本集中治療医学会
  • 心臓リハビリテーション学会
専門医等
  • 日本循環器学会認定循環器専門医
  • 日本心血管インターベンション治療学会(CVIT)専門医
  • 日本内科学会認定総合内科専門医
  • 認定心臓リハビリテーション指導士
  • 兵庫医科大学臨床教育教授
  • 米国集中治療専門医学習プログラム(MCCRC)修了
著  書
  • 心電図再入門(南江堂2000 日本,台湾で出版)
  • 心臓聴診教育ソフト
    • CD-ROM HEART SOUNDS(訳,南江堂1999)医療教育メディア国際グランプリ受賞
    • CD-ROM BEYOND HEART SOUNDS(訳,南江堂2001)
  • 第50回日本心臓病学会 記念出版「IT化時代の新しい聴診教育を探る」(2002年)
  • 心電図をたのしく読む入門書(南江堂2008 日本、韓国で出版)
患者様へ
  • 狭心症・心筋梗塞のカテーテル治療や下肢の治療、カテーテルアブレーションに力を入れています。心臓、救急医療ではともすると失われがちな「心と心がふれあう」医療を実現させたいと思っています。お気軽にご相談ください。

垣下 幹夫/Mikio Kakishita

森医師
出身大学
  • 1993年(平成5年)岡山大学卒業
職  歴
  • 岡山大学医学部循環器内科
  • 国立循環器病センター内科心臓部門
  • 小倉記念病院循環器内科
  • 鳥取市立病院循環器内科
  • 愛媛県立中央病院循環器内科 他
専門分野
  • 循環器内科全般
  • 不整脈
  • カテーテルアブレーション
所属学会
  • 日本内科学会
  • 日本循環器学会
  • 日本心血管インターベンション治療学会
  • 日本不整脈心電学会
  • 日本心臓病学会
専門医等
  • 日本循環器学会専門医
  • 日本心血管インターベンション学会治療学会専門医
  • 日本不整脈心電学会不整脈専門医
  • ICD/CRT 認定医
患者様へ
  • 循環器全般と特に不整脈治療、カテーテルアブレーションを中心に診療させていただきます。お気軽になんでもご相談ください。

黒飛 俊哉 /(非常勤,カテーテルアブレーション担当)

黒飛医師
出身大学
  • 1993年(平成5年) 三重大学医学部 大阪大学医学研究科大学院卒業
  • 大阪大学大学院 先進心血管治療学寄附講座助教
専門分野
  • 循環器疾患(高血圧、虚血性心疾患、不整脈、など)
所属学会
  • 日本循環器学会
  • 日本心臓病学会
  • 日本不整脈学会
専門医等
  • 日本内科学会認定内科認定医
  • 日本循環器学会認定循環器専門医
  • 植え込み型除細動器(ICD)ペーシング心不全治療器(CRT)治療医
患者様へ
  • 動悸など不快な症状をおこす不整脈の多くがカテーテルアブレーションで根治・改善ができるようになってきています。大阪警察病院心臓センター内科、大阪南医療センター循環器科、桜橋渡辺病院,城山病院にて不整脈を中心とした循環器治療を担当してまいりました。カテーテルアブレーションによる不整脈治療は約2000例以上(心房細動1200例以上)の経験があります。心房細動、発作性上室性頻拍、WPW症候群,心室頻拍など各種不整脈に短時間(当院で90%以上が2時間以内に終了)で質の高い治療を心がけています。

担当医師 スケジュール