神戸アドベンチスト病院 ロゴ

診療科目 整形外科

診療内容

整形外科では、全身の運動器官を造りあげている骨、関節、筋肉、靭帯、腱、脊髄、神経の病気・外傷(ケガ)による損傷を治療しています。また、単に病気やケガを治療するだけではなく、運動機能を元のように回復させることを目的としています。痛みを主とする疾患(俗に神経痛・リウマチなどと言われる病気)の治療を行なうのも整形外科の主要な仕事です。患者様の痛みを少しでも軽減し、快適に暮らすために身体環境を整えることが整形外科の役割です。例えば、首や腰を傷めてしまうのは二足歩行を行う人間の宿命なのですが、その痛みを軽くするためには、理学療法や神経ブロックを行ないます。また、加齢により変形した関節の痛みを軽減し、自分の足で歩けるように人工の膝や股関節の手術をします。場合によっては、リハビリテーション医療とも連携し、患者様の生活の質を向上させるために努力したいと考えています。

取り扱っている主な疾患

  • 運動器官(骨・関節・筋肉・靭帯・腱・脊髄・神経など)の疾患
  • 骨折の治療、一般手術
  • 外傷の治療、一般手術

手術について

最近の運動理論に基づき、なるべく手術をしないで治療する方法を目指しています。手術が必要な場合は、できるだけ患者様に負担の少ない精度の高い手術を行います。 膝(ひざ)および股関節の人工関節置換術も行っています。

スポーツ医学について

当科では特にスポーツ医学に力を入れておりますので、スポーツによる障害でお困りの場合は是非ご相談下さい。

担当医師 プロフィール

上村 寛 / Hiroshi Uemura

上村医師
出身大学
  • 1989年(平成元年)高知医科大学卒業
専門分野
  • 整形外科一般
  • 外傷
所属学会
  • 日本整形外科学会
  • 日本リハビリテーション医学会
専門医等
  • 日本整形外科学会認定整形外科専門医・スポーツ医
  • 医学博士
患者様へ
  • 整形外科疾患で何かお困りのことがあれば、お気軽にお越し下さい。

担当医師 スケジュール